Sample Company

利用方法

ステップ1:大学間連携研究設備ネットワークにユーザー登録する(研究室や予算の登録も含む)

 ◆ 新設研究室などで初めて共用機器を利用しようとする場合(主に新任研究室主宰者向け)

  1. 研究設備サポートセンターの登録フォームに必要事項を記入して研究室の登録を行います。
    (研究室の登録と同時にユーザー登録も完了します)
  2. 大学間連携研究設備ネットワークのシステムにログインし、「会計責任者」を選びます。
  3.「研究室設定」に入り、「研究室予算」に登録されている予算を選び、「編集」をクリックします。
    (予算が入っていない場合、新しい予算を加えたい場合などは「新規」をクリックします)
  4.「予算額(利用限度額)」に適当な額(例えば100,000)を入力して「登録」を押します。
    (機器を利用して残額が減ったらいつでも額を変更できます)

 ◆ 研究室に新しく加入したメンバーが共用機器を利用しようとする場合

  1. 研究室主宰者が大学間連携研究設備ネットワークのシステム上で登録します。
  2. 大学間連携研究設備ネットワークのシステムにログインし、「会計責任者」を選びます。
  3.「ユーザー」に入り、「新規」をクリックして、登録対象者の情報を入力して登録します。
  4. 登録対象者は送られてきたメールにある初回ログインURLからログインして登録を完了させます。

ステップ2:機器の設置施設や組織のルールに応じた利用登録や講習受講を行う

各機器の利用にあたっては、必要に応じて機器が設置されている施設や組織への利用登録や利用者講習の受講が別途必要になることがあります。
また、利用に際しても、それぞれの施設や組織のルールに従う必要があります。

主な機器設置施設や組織は以下のとおりです(登録申請、規則、講習会へのリンクも用意しました)。
 ・ 機器分析J棟 「利用申請」 「講習会
 ・ 遺伝子実験棟 「利用申請」 「利用規則
 ・ 霞総合実験棟 「登録申請」 「利用規定

研究科や学部に設置されている機器については、大学間連携研究設備ネットワークの機器情報から担当者に問い合わせていただくのが良いでしょう。

ステップ3:大学間連携研究設備ネットワークから機器を予約する

 ◆ 広島大学構成員による相互利用(自分で機器を利用)の場合

本ウェブサイトの機器リストにある「簡易予約」をクリックすると予約ページが開きます。
(予約の際には大学間連携研究設備ネットワークのアカウントとパスワードの入力が必要です)

 ◆ 学外者による相互利用および学内外を問わず依頼測定の場合

大学間連携ネットワークに利用者としてログインし、「利用」タブの「設備を検索」で利用したい、あるいは測定を依頼したい機器を検索して予約をお願いします。

注)いずれの場合も、予算残額が予定利用料に満たない場合は予約できません。会計責任者による予算額の変更が必要です。